日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

マンモと怠惰とダイエット

また100日とか空いている…(呆然)
それでも残しているのはチェックしているブログとか、今みたいに時々起こる「書き残しておきたいなあ」という衝動のためである。

本日、こんな年度末ぎりっぎりのところで健康診断に行ってきました。
少しでも体重を減らしたいという想いはいつしか消え去り、現実見ようぜ!と言い聞かせる中で、今回の検診には緊張すべき要素がいくつかあった。

タイトルのままですが、今までのらりくらりと避けていたマンモグラフィによる乳癌検診を受けることにしたのだ。子宮頸癌もセットにしましたが、こちらは経験があるので…と書いて、今日の問診票に「経験なし」って書いてしまったことに気づいたー!あほかー!

…常時愚かであることはさておき。
とにかく『痛い』と噂のマンモグラフィに緊張しながら予約した病院に到着しました。
てっきり基本の検診後かなと思っていたオプション検診たちは、初手からやってきてしまい戸惑う間もなくスタート。耐えられる痛みだけれど正直勘弁したい『痛み』の子宮頸癌検診のあと、次の部屋へといざなわれてマンモグラフィの前に立ちました。

検査担当のひとから「初めて?」と尋ねられ、「そうです」と返す。
一通り一般的な『痛い』ことに関する話を聞いたあと、検診が始まりました。

結果としては、『さほど痛くない』というのが感想でした。
検査のひとにもそれを伝えたところ、「張っている時期だと痛みが増すから、ちょうどその周期じゃなかったのでは」とのこと。なるほど?と思いつつ改めて自分の胸を見たのですが。
なんとも重力に負けっぱなしで残念な感じになってるな!?と今更現実が横っつらをひっぱたいてきた感じでした。張るほどの力もないから、痛みがなかったということ……なのかもしれない。
(参考程度にサイズはC以上と表記しておきます)(曖昧すぎるだろう…)

そして基本の検診へ。
どうしても意識が向いてしまう体重ですが、――人生最重になっていた
ある程度予想はしていたけれど(想定した数値よりは少しだけましだったが、ほとんど意味のない差異)、胸のことも相まって割りとシリアスに「やばい」と実感できる数値でした。

最後に意識してダイエットした時のことを思い出しながら、怠惰と惰性に過ぎた今までを恥じた。
そんなわけで検診あとから、もうきっと意識して出来る最後の『身体をしぼるためのダイエット』に取り組むことを決めたのでした。そんな、決意のための久々の記事だったという話。前ふり長い!

そうはいっても見切り発車すぎるのは危険なので、本格開始は「4/7」とすることも決めました。
何故この日かというと、入手しているムーンプランナー(http://moonplanner.jp/)の開始日だからです。一度試してみたいなと思っていた手帳だったので、この機会にちょうどいいかなと。
それまでに、食事量(特に夜)を減らしていく準備と長らく使っていない体重計の動作確認とかを進めていく予定。

あと、約半年後をひとつの区切りにしています。
というのはその時期に出かけたい場所と会いたい人がいるからで、まあ、その…少しでもましな自分で向かえればなというちょっとしたモチベーション要素ですね。

ここもムーンプランナーの周期(4/7は新月なので、新月の日?)で更新していこうかなあと考えてします。
ただ、現在週末は介護フォローで帰省したりしているのでその日が週末にかかると後ろにずれるかもしれない。
ゆるいのか、計画倒れになるのかは、4/7になってみないとわからない。(エエー)