日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

手紙の楽しみ

切手のゆる収集とはまったく別なところで、昨年末くらいから手紙や葉書を送る機会を得て、久しぶりに感覚がとても楽しいと感じている。
昨今はメールやSNSなど通信の手段がたくさんあるので…というベタな話はさておき、正直なところ手紙という『物』が相手にとって負担ではないかと思っていた。正しくは今でも思っているし、なかなか誰にでも送るということは、ない。
いつだっておっかなびっくりだ。

ちなみに私が受け取る側の時は、相当にわくわくしている。
ダイレクトメール(葉書とか)はさておき、やはり自分宛に届く手紙というのは特別な感じがして、昔と似ているような異なるような、少し不思議な気持ちも感じながら、いつかの手紙のためにレターセットや葉書を見る。

そんな楽しみ。
(結局紙モノが好きなのねー、としみじみ)