日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

静かに九月

映画の日だし、『パシフィック・リム』の字幕版を観に行くぞーと前々から考えていたのに、朝からの雨音に気持ちがのんびりしてしまって、出かけずに終了した九月初日。予定のない(今回は取り消しただけ…)雨の休日はよい…。
パシフィック・リム』は吹替版は観たけれどもう一度観たいので、レディースディにでも…と思ったら今週は日中しか公開していない。Oh…と後悔しつつも(別に駄洒落ではない)、終了予定日が吹替版と注釈つきなので来週以降のスケジュール公開待ちです。無事観ることができたら、珍しくタイトル明記で感想を書き残したい。

八月はバタバタ…というほどではないけれど、気づけば過ぎていました。
まだ残暑が戻る日が予報の上ではあるそうですが、何とか今年も扇風機で過ごせた。水分摂取が大切だと改めて感じた夏でもありました。あと…痩せづらくなったなあ…とも実感。身体を動かすことが少なかったというのも事実。それでも食事量だけではさすがに変わらなくなりました。

九月に入ってぽつぽつと情報が出始めたので、来年の手帳をどうしようかなと考えている。昨年はほぼ日WEEK、今年はブラウニーの半年手帳でした。
半年手帳は購入当時、昼と夜とで仕事内容が違ったりしていたので購入したのだけれど、五月に体調を崩してから今はそんな生活をしていないので、そこまで密にスケジュールを記載する必要がなくなったこともあり、どうしようとかと考えている。今年から一年バージョンの手帳も出るし…。個人的に手帳で求める点は下のような感じ。

  • メモ部分が方眼
  • 紙は真っ白ではなくクリームっぽい感じ、薄いが透けすぎない
  • 表紙含めてぐにゃっとまがる
  • マンスリーが月曜始まり
  • 年間スケジュール表が見開きである
  • マンスリーの土日の枠が他曜日と均等

あとは基本「地味」ってくらいかな。
昨年と今年がこの条件すべてを満たしているわけではないけれど、前四つは満たしているので悩みどころ。今年発売のブラウニーの一年手帳は年間スケジュールもつくらしいので、おおっと思いつつやっぱりそれほどスケジュールもないしなあと検討中。文庫サイズはとてもてもよい!と思っている。ほぼ日WEEKはあのサイズ好きだけれど文庫サイズがやっぱり使いやすい気もして悩みどころ。あと土日の枠が狭いのが…と悩みだしたらきりがない感じですね。
ただ今日発表された一年手帳の仕様でメモページが「ドット区切り」という表記にちょっとひっかかるところがあり、かなり今はWEEKに傾いている感じです。
悩めるのは十一月半ばまで。まだまだあるねと思いつつ、きっとあっという間なんだろうな。スマートフォンに予定を全部おさめてしまうのもいいけれど、やっぱり「書く」のが楽しいので毎年手帳は買っている。こうして悩むのもまた楽し、です。