日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

謎の空白

ちょうど昨年七月に機種変更でスマートフォンになり、前ブログでは不調っぷりを書き残したまま終了していた状況。
修理・点検に出して「予測交換」という対応の名のもとにほぼ新品となったスマートフォンは、その後概ね良好な様子である。但し、店のひとから言われた『一日一度は電源オフ(できれば十五分くらいオフ状態)』『空き領域は充分に確保』といった約束を守った上でだ。過保護!という印象。
それでもふとした時に再起動しているんだから、アプリとスマートフォン本体の相性がよくなかったのだろうと思えるようにもなった。見た目で選んだのは自分なので、過保護だろうと今年の十月頃までは使いますよーという状況です。
※十月になると二年しばりから解放されるので、MNP予定。まだぼんやりとした予定。

そんな中で以前から気になっていた事象の対応策らしきものが見つかったのでメモなど。
基本的にカスタマイズ欲は低いのでホーム画面はプリインのDocomoのランチャーアプリを使用しているのですが、どうもアプリを更新すると「ダウンロードアプリ」のところに同じアプリのアイコンが二つできるという謎事象。仮にひとつになってもゴーストのようにアイコンがあるであろう位置が空白になっているという気持ちの悪い現象が起こっておりました。
今まではアプリの入れ直しでアイコン再作成されていたのでスルーだったんですが、データ復元や複数アプリをバージョンアップした際にがいい加減手間だなあとかと思いはじめた。なんというか、ようやく。

古い情報が邪魔しているだろう事は想像ついたので、ランチャーアプリを別のものに切り替えた後、設定画面からデータ削除(初期化)して、再度元のランチャーアプリに戻すという流れですっきり復旧。まあ「すっきり」といっても結局初期化されているので画面設定をちまちま調整しなければならないのですが、複数アプリ再インストールに比べたらなんとラクかー!という状況。

…とここまで書いて、多分他の回避方法があるような気しかしないで、それはまたこの手順も面倒と感じたら調べるのではないかしらという程度のことです。
万能の機械なんてそうそうないんだし、『壊れるもの』であることを認識しておくことも大切だと思うのです。主に自分の心の平穏の為に…。(どんだけ機械壊してんだよというツッコミは不要)