日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

ついにAT

ひとよりすっとは取れなかったものの、MT車で免許を取得してもう十ウン年。
乗る頻度が低かったおかげで何とかまだゴールド免許を維持しているわたくしですが、実家の事情で車がAT車に変わりそうで正直びくびくしていたここ数ヶ月。

決定はしていないものの、試してこいやあ!と言われて某ディーラーへと…今日ようやく行ってきました。
AT。
それは「Absolute Terror」ではなく「Automatic Transmission」のこと。(はい誰でもわかる)

営業のひとに「うう、実はMTからの乗換えなんですよ…正直よくわかんないです」とか不安な言葉を初手からぶん投げたところ、イケてるメンズ(年寄りだから使いたい言葉)の部類に入るであろう営業氏は「大丈夫ですよ!もう乗ります?乗ってみます?」と超笑顔
車まで出してきてもらったのに、「いや、やっぱり止めます」とも言えず、まあ前後動かす程度かしらとか軽い気持ちで乗ったところ、そのまま公道へ向かうことに。

正直、心の中で(あかんあかんて!!大阪の道めっちゃ怖い!いや、名古屋よりかは怖くないけれど!?)と思いながらも、エンジンはボタンひとつでかかる。もうそれだけで驚く時代の人間だ。

そしてやっぱりね、足元にサイドブレーキあるのが理解できない人間になっていた。
写真で散々みたけれど、左足がサイドブレーキに当たらない。どういうことだ。営業氏に正直に伝え、ライトで照らしてもらってようやく位置確認。普通にクラッチと同じくらいの位置にあるやんけ!と悲しくなる。

そんなおっかなびっくりながらも、ゆるりとスタート。
エコドライブモード?(信号停止などでアイドリングストップになるやつ)に、オォー!?ブレーキから足を離すだけで動くのにオォー!!…そして停止から発進のたびにギアを探すわたしく。切ない。

10分ほどでしたが走ってみて、営業氏のトーク力のおかげなのか思った以上にリラックスして乗れた気がするAT車体験でございました。
これで来るべき変更に備えることができそう。できそう…?本当に私こんなんので公道走って大丈夫?Dモードでしか走っていないけれど?とか考えだしたら心配はそれなりに。
世のMT→AT変更のひとの体験談をもっと聞きたい。でも周りにほぼいない。

はじめての電子書籍

おおっと前の記事が心に痛い!と思いつつも、無関係のお話。
(4/7からつらつらとムーンプランナーは利用中、ダイエット意識はちょっとゆるいかなーという感じですがそれは次回に…満月に…)

本は紙だろ』が信条で、たびたび利用するインターネット書店からの再三に亘る電子書籍おすすめメールもスルーしてきたわたくしですが、唐突に電子書籍購入に至りました。

書名はあえて伏せますが、理由としては以下の通り。

  • 気にはなるが、手元に残しておきたいかと問われると「ノー」といえる系書籍
  • 別件で定期的にEPUB形式ファイルを利用する機会が出来、Readerをスマホにインストールする必要が発生した
  • 500円割引クーポン
  • ポイントアップキャンペーン中
  • ポイントカード対象の実店舗(書店)でも買い物していると更にポイント付与

…なんかこう、所詮はポイント制度に躍らされた結果かよってこめかみがずきずきするゆるっとした理由ですが、何気にふたつめの理由(EPUB形式ファイル)も要因としては大きかったりします。

理由の後半あたりで何を利用しはじめたかがわかるかもしれませんが、私が利用しはじめたのはhonto電子書籍Readerです。
最初は別のReaderを利用していたのですが、hontoのやつもインポート可能と書いてあったので「だったらまとめるか」となった次第。もう容量かつかつですから、何でも気軽にインストールできないのが現状です…。

ここらかは覚書。

hontoのアプリでは確かに外部のEPUBファイルをインポートすることで閲覧可能になるが、所定のフォルダにファイルを格納する必要がある。逆にいうと格納しないと見られない。
「あーフォルダを指定してインポートじゃないんだなあ」と気軽にUSB接続してSDカードの所定のフォルダを確認しようとしたところ…PC上からは見えないではないか!

ざざっと検索で情報を見る限りはファイルマネージャ的なアプリを使えば等情報があったけれど、いやだから私のスマホもう空き容量かつかつ!となる状況。見ないけれど存在するフォルダなので、SDカード内に作ろうとしても作れないという状況に、うーん…と悩みながらあることを試してみたところ(一応)うまくいった。

正しいかは今も謎なのだけれど、スマホ側から[設定]-[ストレージ]メニューに入り、SDカード内の該当フォルダを削除。その後、PC画面上からSDカード内にフォルダを作成。
以上!とくにもったいぶる必要性もない内容で、晴れて(?)本日決済を済ませる形で電子書籍を端末にダウンロードいたしました。

これから電子書籍とのお付き合いがどうなるかがまったく見えてない感じですが、まあぽつぽつとキャンペーンなどを利用しながら試していければと思っております。

マンモと怠惰とダイエット

また100日とか空いている…(呆然)
それでも残しているのはチェックしているブログとか、今みたいに時々起こる「書き残しておきたいなあ」という衝動のためである。

本日、こんな年度末ぎりっぎりのところで健康診断に行ってきました。
少しでも体重を減らしたいという想いはいつしか消え去り、現実見ようぜ!と言い聞かせる中で、今回の検診には緊張すべき要素がいくつかあった。

タイトルのままですが、今までのらりくらりと避けていたマンモグラフィによる乳癌検診を受けることにしたのだ。子宮頸癌もセットにしましたが、こちらは経験があるので…と書いて、今日の問診票に「経験なし」って書いてしまったことに気づいたー!あほかー!

…常時愚かであることはさておき。
とにかく『痛い』と噂のマンモグラフィに緊張しながら予約した病院に到着しました。
てっきり基本の検診後かなと思っていたオプション検診たちは、初手からやってきてしまい戸惑う間もなくスタート。耐えられる痛みだけれど正直勘弁したい『痛み』の子宮頸癌検診のあと、次の部屋へといざなわれてマンモグラフィの前に立ちました。

検査担当のひとから「初めて?」と尋ねられ、「そうです」と返す。
一通り一般的な『痛い』ことに関する話を聞いたあと、検診が始まりました。

結果としては、『さほど痛くない』というのが感想でした。
検査のひとにもそれを伝えたところ、「張っている時期だと痛みが増すから、ちょうどその周期じゃなかったのでは」とのこと。なるほど?と思いつつ改めて自分の胸を見たのですが。
なんとも重力に負けっぱなしで残念な感じになってるな!?と今更現実が横っつらをひっぱたいてきた感じでした。張るほどの力もないから、痛みがなかったということ……なのかもしれない。
(参考程度にサイズはC以上と表記しておきます)(曖昧すぎるだろう…)

そして基本の検診へ。
どうしても意識が向いてしまう体重ですが、――人生最重になっていた
ある程度予想はしていたけれど(想定した数値よりは少しだけましだったが、ほとんど意味のない差異)、胸のことも相まって割りとシリアスに「やばい」と実感できる数値でした。

最後に意識してダイエットした時のことを思い出しながら、怠惰と惰性に過ぎた今までを恥じた。
そんなわけで検診あとから、もうきっと意識して出来る最後の『身体をしぼるためのダイエット』に取り組むことを決めたのでした。そんな、決意のための久々の記事だったという話。前ふり長い!

そうはいっても見切り発車すぎるのは危険なので、本格開始は「4/7」とすることも決めました。
何故この日かというと、入手しているムーンプランナー(http://moonplanner.jp/)の開始日だからです。一度試してみたいなと思っていた手帳だったので、この機会にちょうどいいかなと。
それまでに、食事量(特に夜)を減らしていく準備と長らく使っていない体重計の動作確認とかを進めていく予定。

あと、約半年後をひとつの区切りにしています。
というのはその時期に出かけたい場所と会いたい人がいるからで、まあ、その…少しでもましな自分で向かえればなというちょっとしたモチベーション要素ですね。

ここもムーンプランナーの周期(4/7は新月なので、新月の日?)で更新していこうかなあと考えてします。
ただ、現在週末は介護フォローで帰省したりしているのでその日が週末にかかると後ろにずれるかもしれない。
ゆるいのか、計画倒れになるのかは、4/7になってみないとわからない。(エエー)

職場の手帳を替えてみた・2016

週のくくり的には今週からが2016年になるので、年末のかおり漂うこの日から職場の手帳というかスケジュール管理ノートを2016年のものに切り替わりました。

今までどんな職場でもロルバーンのダイアリーを使っていました。
ロルバーン好きだということもあるけれど、たっぷり方眼メモが自分には落ち着いていたのでだいたいどこでもロルバーンで事足りていた。

しかし今の職場になって日・時間単位で期限がある業務が多く、ロルバーンのマンスリーだけではどうにも管理が不安になることが多くなっていた。逆に今の職場に就いてすぐにはあれこれしていたメモの量が少なくなっていることに気づき、2016年はバーチカルタイプに切り替えてみよう!と思い立ったわけです。

選んだのはCampusのダイアリー。週間がバーチカルのもの。
ひたすらシンプルでよかったし、ノートカバーを購入してメモパッドを別につければいいんじゃね?と思っての選択だった。
まあ現状、ノートカバーとメモパッドなしでスタートしているのですが。

私生活でもバーチカルをそれほどがっつり使ったことがないので、手探りしながらのスタートした手帳とこれからうまく付き合っていきたいなあと思う仕事納めはまだ後日な年末なのでした。

おさいふPontaに切り替えてみた

覚書を兼ねて、久しぶりのエントリー。
(もう「久しぶり」が決まり文句になっていてしょっぱいね…)

Pontaカード、それは主にローソンで見かけるポイントカード。
…と一応ざっくりながら説明を書いておく。クレジットカード兼用のものが多いけれど、私が使っていたのはポイントカード機能だけのカードでした。昔職場で一緒だったひとがクレジットカード機能なしのもあるよと教えてくれなかったら作ることもなかったカードで、かれこれ2年くらい持っていたかな?という記憶。

そんなPontaカード。
クレジットカード機能ありのはさすがにそんなことないだろうと思いたいのだけれど、背面のカード番号等が印字されたシート(コーティング?)部分がべろりとはがれて大変みすぼらしい状態が数ヶ月前から発生しておりました。
はがれはじめた時にローソン店頭でお若い店員さんに対応について尋ねたところ、セロテープで補強されるという「お、おう…」となっていたんですが、財布から出し入れするたびにシートがべらべらするようになったのでもうさすがにどうにかしようと思いました。ようやく。

それまでにも対処方法を調べていて、まずはセンターに問合せて新しいカード送ってもらうとかになるかな?と思っていたけれど、番号は変わらないが再発行まではポイント加算ができないといった情報を見かけ(真実は未確認)、それはなあ…と思っていたところ、新しいカード(番号)にポイント移行する方法というのを見つけた。
あ、これいいな。ただセンターとのやりとりに時間とるっぽいなと腰が重かったんですが、先の状況になってようやく(再び)職場最寄の店頭にて新しいカードについて尋ねてみることに。
すると、「今はすべておさいふPontaなんです」とのことで、てっきりおさいふ機能つきのはチャージしないと使えないと思っていた私は、え、ポイント機能だけでも使えるんです?と何度も確認して受け取っていたのが新しいカードでした。
利用規約を含めて結構しっかり梱包されてレジ前に並んでいるものだから、てっきりカード自体有料と思っていたので、そのままひょいと渡されたときには普通に戸惑ってしまった…。

で。
この段階で手続きをざざっとしか見ていなかったので、問合せセンターへ連絡したところ「通常PontaからおさふPontaのポイント移行はwebからでも出来ます」といわれて、何だってー!?あ、ホントだー!!となるうっかりさからスタート。
まずおさいふPonta側で会員登録をし、そこからポイント移行メニューに入って旧番号+生年月日+電話番号(後ろふたつが、おさいふ側と情報一致が移行成立条件?)を入力、登録。それで翌日には移行ポイントが無事反映。

新年を迎えるにあたり、ちょっとした気になることをひとつクリアにできたのが地味に嬉しかったなーと思って覚書でした。