日々のコトトカニ

「日々のコトトカ」の二(に)

「日々のコトトカ」の二(に)

身体のガタを修正しよう

 240ウン日ぶり。まだまだ忘れていないブログの存在。
先週また一歳、年齢を重ねたりしています。元気かと問われれば「まあ何とか生きてはいる」という返しばかりになる程度。

ずっと放置していた歯の詰め物が取れたこと、ようやく病院に行くようにしたのは先月のこと。
無事神経を失うこともなく歯は埋まり、「では全体的に診ていきましょうか」となったのはつい先日のこと。
結果としては2箇所、モノが詰まりやすい箇所があることが判明。ひとつは以前からの詰め物との間にできてしまった隙間、もうひとつは元々の歯の形状的に隙間になってしまったそうで。

今回の治療にあたり今まで通っていた病院から別の病院に切り替えたのだけれど、なんだかすっと言葉は入ってくる状況にやや戸惑ってもいる。
若い医師・最小限のスタッフ・丁寧な受付、今までとは真逆だとも気づいた。
きちんと通おう、そんなことを改めて心に誓いながら次回予約をしたのだった。

「何とか生きてはいる」程度なので、時々身体のあちこちが痛くなる。
具体的には首とか腰とかの痛み。
つい昨日も寝違えのような首の痛みに襲われ、普段だったら放置するのだけれど今回はふらりと通りかかったら14時まで受付をしていた整骨院にかかってみることにした。(13:48の出来事)

診てもらったところ、寝違えというかそり腰だしストレートネックだし、肩の高さがそもそも左右違うから服の袖とか長さ違うように感じないですがと「あ、それそれ。そうです、あります」なことがもりもりと。
肩こりは慢性化しすぎてもはやわからないくらいだけれど、時々自己主張をしてくる程度なのもだいぶよろしくないとの話。病院なのでそこはかかってもらってこその話かもしれないけれど、色々「なるほど」と思えることもあったので、こちらも可能が限りで診てもらおうと思っています。

あとはもう3ヶ月くらい、高血圧治療をしている。
年末からずっと高くてさすがに怖いなあと思ったこともあって薬で治療しているので、今はだいぶ下がっている……ように見えるだけかもしれない。まずは半年、とのことなのでこちらもゆっくり治していきましょうモードになっている。

精神的には(正しい判断基準に沿った検査をしたわけではないけれど)セルフネグレクト傾向があるな、と自覚したのがつい最近で、身体的な部分も含めてちょっとずつでも自分に手をかけていこうと思っています。

2017年手帳さがしの旅

Twitterで少し呟いたこと、いまだ継続中のため書き残してみることにした。
書いたら見つかる。そんなガチャのような希望をこめて。(ソーシャルゲームには手を出しておりません)

職場で使うための手帳がいまだに決められずにいる。
過去ならびに現在の状況としては、昨年は愛するロルバーンのダイアリー版、今年はCampusのバーチカルを使用している。
前までの職場ではロルバーンで充分だったのだけれど、今の職場になってから時間単位での締切モノの管理というかチェックが結構あって、月間見開きブロックでは管理が難しいとなり、バーチカルへと切り替えたのが今年。
私生活ではバーチカルタイプは自分向きじゃないなあと思っていただけに、職場用にここまで使い勝手がよいと感じるとは購入当時は想像もしなかった。

そんなわけで来年も基本は週間見開きバーチカルで探している。
今年と同じくCampusとするかをいまだに悩んでいるのだけれど、ジブン手帳bizも気になっているのが現状で、そろそろ手帳売り場でもともに人に触られ包装されていてもくったり度がではじめるか在庫切れになるかという微妙な時期に突入したなとひしひしと感じているのもまた現実。

職場用として求めている部分というのは以下となる。

  • 週間見開きバーチカル(できれば24時間表示)
  • 週間ページにToDoリスト書き込み枠
  • 年間見開きページ
  • カレンダー(2016~2018年)
  • 日本地図(都道府県名、県庁所在地があれば嬉しい)
  • 連絡先ページ(見開き2ページあれば充分)

この条件を踏まえた場合、ジブン手帳bizはほぼ満たしているけれども特に求めていない要素も同等についてくるのが悩ましいところだったりする。
あれば使うのだろうか…という根源的な貧乏性がざわつくけれども。

では特に求めていない部分としては以下となる。

  • メモページ(数ページあればだけれど、週間に紐付けたいので付箋で済ませてしまえる)
  • マメ知識とかちょっといい話とかの雑学系ページ(A4用紙の縦横が何センチとかだったら欲しい)

ちなみに求めているものに挙げた「日本地図」は、地理がダメダメすぎる自分を再認識することが最近やたらあり、オレンジエアラインの手帳シリーズについているのを見た時に「これ!!」と思わず拳を握り締めた経験があったからです。
そう…「日本地図」に関しては、オレンジエアラインのやつが理想形です。ここまで挙げていなかったのにお前…って感じですが、オレンジエアラインはプライベードのほうでほどよく使用中だったりします。

果たして私の旅は終わるのか。
いや終わらないとちょっと(かなり…)職場で困るので、はやく決めないとなとは思っております。
本当はペーパーレスがいいんだろうけれど、変則・変動・割込上等に私の性質的には紙管理が向いていると判断した結果なのでした。まああと紙モノ好きってのも前提にあるんですけれど。

 

 

 

機種変更から2ヶ月

2012年に発売されたアンテプリマコラボのスマホを使い続けて4年。
今年7月、大阪がお祭りでにぎわっている日に私は花火見物ではなくDショップでぼんやりと過ごしていた。
前機種4年といっても途中でケータイ補償サービスを使って同型変更(書類上の使用年数はそのまま継続)をやっていたので、前機種もまだ元気といえば元気。USB充電死んでいるけれど

さて、前機種がF社だったので今回も7割くらいはF社でいいかなー他よりスペック微妙だけれどお安めだしとかふわふわしていた私ですが、箱をあければ7月のあの日手にしていたのはエクスぺリアだったという。
初エクスぺリア…S社は昔ケータイで使ったことがあったかしら、スライドのやつ。というわりと遠い記憶だったりするのですが、前機種が内部ストレージ1GB以下のカッツカツからの容量大幅アップとなり、2ヶ月が経過した今でもまだおっかなびっくり使っているのが現実だったりします。

最近周囲では格安スマホに切り替える人が増えている中で、お高い値段で機種変更をする自分に苦笑いしながら、満足な部分もあったりします。
今までインストールできなかったアプリをセットしてみたりとか、そういう地味な話ですが。

D社ということで切り替え当初に30日間無料オプションというのがついていて、その中で今でも続けているのは雑誌読み放題となるオプションです。前機種では容量的にも利用できなかったサービスなのだけれど、雑誌流し読みが大好きな私としては久しぶりに流し読みを堪能できるのはとてもとてもありがたい。気になった雑誌はちゃんと紙で購入したりもする。

そう、機種変更でやはり本・雑誌まわりのかかわり方に随分変化があったような気がします。
電子書籍の便利さとか。
でもその便利さから次はタブレットがいいなーとか物欲加速するだけなので微妙といえば微妙かもしれない。誘惑に負けない心大切ですね。

あとは通信量を気にするようになったというか…。
前機種が定額使い放題だったので、まだこの部分はなかなか慣れてないというのが現実。先月ははたして通信規制まであと100MB!くらいまできていて、これはいかんな…と反省した次第。
身の回りでのWi-Fi導入にようやく重い腰が動いたという感じでした。

ちなみに本体は今のことろノーカバー・ノーケース。
背面と画面部分に保護シートを貼って過ごしております。カバーには憧れあるんだけれど、持った感覚としては今の素体サイズが一番しっくりので悩ましいところです。
先週か先々週のこと、ついにスマホ本体をポケットから落下させて傷を作ってしまってからは、ちょっと扱いがフランクになって気がしないでもない。壊れやすいと噂に聞くS社製なので、そこのところはもう少し大切にしていくべきかなと思う秋の始まりなのでした。

大根餅とわたくし

季節の変わりめか、気圧の影響かは不明だけれど、今週に入ってからどうにも体調がよろしくない。
闇雲な栄養補給は悪化しか招かないなあと思っている中で、以前から気になっていた中華料理のお店へ帰宅途中にふらりと寄りました。

坦々麺や焼きそば?(麺+卵かでかためたやつ?)を売りにしているお店だったけれど、小さめサイズでサンラータンの麺を頼めるようだったので、あ、これいいなと注文することを決めた後、ぺらりとめくったメニューにあったのが点心だった。
そこで見つけた大根餅。
あらあらこれは注文しなければね!としんどかった身体のことも一瞬忘れて注文しました。

私が大根餅を初めて食べたのは、確か高校一年か二年の頃。
当時たまたま数年前に知り合った年上の知人が横浜で勤めており、上京ついでに会った時、連れて行ってもらった横浜中華街で食べたのがそれだった。
知人は確か当時美容師なりたてくらいだったのに、重慶飯店で飲茶を奢ってくれたんだよなあと今になって軽く震えている。夜行バスで早朝到着した私と一緒に公園でぼんやり海を見過ぎて、判断力が低下していたのかもしれないけれど…。

そんなこんなで初めて食べた大根餅がどえらく美味しかったので、私の中で大根餅はだいぶ特別な位置にある料理だったりする。
ようするに好物ということなんですけれど。

点心メニューにあれば必ず注文するし、自分でも何度か作ったことがある。
ただ、自分で作った時のベストレシピが今では確認できないので再現できないのが正直つらい。
薬膳料理メニューなどで一時期各所でお名前を見かけた鳥海明子さんがブログで公開していたレシピなのだけれど、シンプルでしみじみ美味しかったんです。ブログの記事が消え、サイトが無くなり…お名前を見かける機会もなくなって随分経ちますが、お元気であることをそうっと願っている今日この頃です。

まあそんな思い出の料理である大根餅を久しぶりに食べた今日。
不調の芯は残っている感が否めませんが、何だか気持ちがすっと晴れた気がしないでもない。なるほど、大根餅は私にとって色んな意味でパワーフードなんだな!と再認識した次第です。